オンラインゲーム「Master of Epic」Pearlサーバーで包帯屋さんをしている、とあるキャラの日々のあれこれ。     中の人は欧州産ゆえに若干日本語が不自由ですが、どうぞよろしくお願いします。

by michaella_pearl

壁を越えて&新規リンク様ご紹介。

ある方にお会いするため、普段はめったに越えることのない、サーバーという名の壁を越えてきました。
前もってお約束していたわけではなかったので、ご迷惑かもとは思ったのですが、思い切ってtellいたしましたところ、お会いしていただけることに。
突然の訪問だったのであまり長居せず、お伺いしたかったことをお聞きできたらすぐにもお暇するつもりでいたはずが、ついつい、いろいろと話し込んでしまい……。気が付けば日付をまたいでいました。

お話の中で、直接お会いするのは今回でようやく二度目なのに図々しいかもと思いつつ、前々からお願いしたかった当ブログからのリンクの件を申し出ることができまして、大変喜ばしいことにご快諾をいただけました。
こちらのサイト様です。

へいとれ!
Ferica様のブログです。
あ、最初に申し上げておきますが、深夜帯もしくは当分食事にありつけない空腹時の閲覧は要注意です。
ほぼすべての記事に大変すばらしい食テロ要素が含まれております。
ご忠告はいたしましたので、あとは自己責任でどうぞ~。

Ferica様のお名前は、当ブログをご覧の皆様もお見かけになられたことがあるのではと思いますが、よくコメントを付けてくださっている方です。
私がブログを開設してずいぶん経ちますが(長期間にわたって更新しない時期もありましたけど)、もともとの友人知人でない方からコメントをいただいたのは初めてのことでした。
三代目となるこのブログに初めてコメントを書き込んでくださったのもFerica様でしたので、ブログをお持ちでいらっしゃるとお聞きした時に、本音としてはすぐにでもリンクをさせていただきたく思っていました。
今回申し出ることができてご了承をいただき、さらにはFerica様のブログからも相互していただけることになり、とてもとても嬉しいです。ありがとうございます~!

内容のご紹介ですが、私が無い頭をひねって拙い言葉を並べ立てるよりも、百聞は一見に如かずという素晴らしい日本語がございまして、まずはどうぞご覧あれ。
あ、先ほども申し上げましたが、深夜と空腹時はかなり相当しんどい思いをすることになると思いますので、その点だけはご注意ください。
Ferica様の、温かで親しみやすいお人柄が随所にちりばめられた、とっても素敵なサイト様です。

d0165761_4222397.pngD鯖でお会いした際のSSです。
手前の地味なこぐねえが私、向かいにいらっしゃるとても
お洒落で粋なこぐねえ様がFerica様。

なぜかアイテムウィンドなどを消さずに撮っていたものしか
なく、小さなSSですみません……。

Ferica様、前回に引き続き、また遅くまでお邪魔してしまって
すみませんでした、ありがとうございました!

またいつか、壁を越えてお会いできる日が来ることを楽しみにしています!


(※10月15日追記。文章中の表記を修正しました。
 飯テロ → 食テロ
文章構築中にも、人様のお料理に対して「飯」という言葉は適切であるのか悩んでいました。
私自身が「飯」「テロ」と区切らず、「飯テロ」というひとつの単語として認識していたこと、他に妥当な言葉を思いつけなかったことなどから、そのまま「飯テロ」と表記してしまいました。
が、やはりあまり良い印象の言葉ではないように思えましたので、遅まきではありますが修正をいたしました。
「食テロ」という言葉が日本語として正しいのか疑問が残るところですが、意味は通じるかと……。
Ferica様、私の思慮が足らず、大変失礼いたしました。申し訳ありませんでした。)
[PR]
by michaella_pearl | 2016-10-13 23:30 | MoE日記 | Comments(2)
Commented by Ferica at 2016-10-14 17:59 x
はわわわ……恐れ多くもご丁寧なご紹介を賜りありがとうございます~。m(_ _*)m
ごはんテロの件も含めて光栄の極み。><。
どうぞ末永くお付き合い下さいますよう宜しくお願い致します。
Commented by michaella_pearl at 2016-10-15 18:19
>Ferica様
いえいえ本当にこちらこそ、こちらこそ。
人というのは不思議なことに、「やっちゃダメ」と言われるとやりたくなるもので。
忠告をあえて無視して夜中にFerica様のサイトを見に行った方が、私と同じくもだもだしてくれるといいなーと密かに期待しています。
偶然ですが、金木犀とホトトギスは私の好きな花or思い出のある花なので、私のことが書かれた記事に一緒に載っていることがすごくすごく嬉しいです。ありがとうございます~。
こちらこそ、末永くよろしくお願いいたします。