オンラインゲーム「Master of Epic」Pearlサーバーで包帯屋さんをしている、とあるキャラの日々のあれこれ。     中の人は欧州産ゆえに若干日本語が不自由ですが、どうぞよろしくお願いします。

by michaella_pearl

GMPとビジポの価格変更。

ベンダー商品のペペロンチーノが完売していたので、生産準備のためにまずは素材を栽培。
ペペロンチーノはこしょう、オリーブ オイル×4、塩、麺、にんにく、ハーブ、とうがらしと、7種類もの素材が必要なうえ、レシピバインダーに記載されないので、えいやっと思い切らないとなかなか作れないのが難。でもちょこちょこ売れるので、ベンダー商品から外す気もないのですが。

Elriaさんやアム姉様がうちのベンダーから包帯を買ってくださっていたと知って、他にはどんな方がうちをご利用になっていらっしゃるのか、ちょっと気になってみたり。
たまたま通りかかって買ってくださったのか、定期的に通ってくださっているのか。
どちらにしても、数あるベンダーの中から当店を選んでくださったことはとてもありがたく、嬉しいことです。
感謝の気持ちを込めて、補充がんばらねば!

あ、そうそう。古代樹の葉ミッシーの鱗がたくさん買えたので、グレート マナ ポーションを350g→345g
インヴィジブル ポーションを375g→370gに値下げしました。
素材の在庫が減ってきたら、また価格を戻すかもしれませんが、当面はこの価格で販売していますので、どうぞよろしくお願いいたします~。


◆生産したもの
 コットン バンデージ 2000個
 マグネット バンデージ 101個
 ファイン シルク バンデージ 272個
 白身魚の刺身 704個
 トマトジュース 464個

◆栽培したもの
 ハーブ 1000個
 とうがらし 1200個
 にんにく 900個
[PR]
by michaella_pearl | 2016-10-31 23:30 | MoE日記 | Comments(6)
Commented by Ferica at 2016-11-07 11:08 x
ペペロンチーノ、美味しいですよね~。
リアルでも結構好きです。

ゲーム内でこちらはビーフシチュー作りに取り掛かってます。
風邪も治ったし根菜類を掘らないと…(。。*
Commented by michaella_pearl at 2016-11-08 02:29
>Ferica様
ペペロンチーノのピリ辛は、クセになる美味しさですよね~!
ビーフシチューとはまた、手の込んだものを。
ドミグラスソースにもビーフシチューにも、根菜をたくさん使うお料理ですね。
このあたりのレシピの細かさに、運営さんのこだわりを感じます。
風邪がぶり返さないよう、どうかご自愛くださいね。
Commented by Ferica at 2016-11-08 09:35 x
> 風邪がぶり返さないよう、どうかご自愛くださいね。
は~い、ありがとうございますっ!!(*>ω<)ゞ

> このあたりのレシピの細かさに、運営さんのこだわりを感じます。
余りよそのゲームは触ったことがないのですが、「包丁で生クリームを立て」「フライパンで鍋料理を作る」と揶揄されるMoEの料理ですけど、そもそも他では「料理(切る)」「料理(焼く)」と別れてるのすら見たことがありません。
仰る様にレシピの細かさや、幾つか中間素材を経て段階的に作成する辺りもかなり現実に沿っていて、リアルで素敵だなと感じるダイアロスです。
Commented by michaella_pearl at 2016-11-08 18:15
>Ferica様
今日もまた一段と寒いので、Ferica様があたたかくなさっていますように。
食材が増えるにしたがって、MoEの料理もずいぶん複雑になりましたよね。量産しようと思うと骨が折れますが、本来「ものをつくる」って手間暇がかかるものなんだと気づかされます。
ゲーム内の料理でそこまで苦労したくないと思う人もいるかもですが。
面倒くさいのが楽しいと思えるのも、MoEの魅力のひとつですね。
Commented by Ferica at 2016-11-10 15:44 x
> 面倒くさいのが楽しいと思えるのも、MoEの魅力のひとつですね。
まさにそれです!!
勿論「ゲーム内の料理でそこまで苦労したくないと思う人」の方もいっぱいいらっしゃるんでしょうけれど…^^;
各生産の仕組みがリアル志向だからこそ、戦闘ナシの生産だけプレイの方でも飽きずに楽しめるのかも。
でも、実在しないお薬を作る調合はほぼ単純作業なのは何故かしら……。
Commented by michaella_pearl at 2016-11-10 23:54
>Ferica様
単純に1つ2つの素材を焼くだけ・切るだけの料理もありますし、大抵の人が常食にしていると思われるものはそれに当てはまっていますから、面倒なのはちょっと…という方でも十分、レランを楽しめると思います。
そういう敷居の低さもいいですよね!
調合は、え、えーと、そう、錬金術ですから! 製法からして「ふぁんたじぃ」ですから、リアルにしようがないんじゃないですかね~^^;